転職はじめました。

他人と差別化を図る

これまでの日本であれば、一度採用されたらよほどのことがない限り定年まで勤め上げることができました。
しかしながら、わたしたちの誰もが認めるとおり、時代は大きく変わって、今ではほとんどの人が一生に一度以上は転職を経験する時代とも言われています。
そのような時代にあって、わたしたちの側も会社を選ぶことができます。
ですから、リストラに遭ってしまってから仕方なく転職する、もしくは再就職先を探すというよりも、いい話があればすぐにそれを活用するという姿勢を示す必要があるかもしれません。
そのような中にあって、転職の中でも非常に魅力的な方法で転職することのできた人たちがいます。
昔の表現で言えば引き抜きということになるのかもしれませんが、現代用語で言えばヘッドハンティングと言います。
ヘッドハンティングとはつまり、自分の能力やスキルを見込まれることによって、向こうの方から自分を必要として来て、条件面で折り合いがつけば移動するという方法です。
企業の担当者が直接ヘッドハンターとして活動している場合もありますが、多くの場合はエージェントが活躍していて、相手先に人材を紹介しています。
最近では、派遣社員として働いていて正社員に登用されるというだけではなく、派遣会社の社員の中でも逸材がいたら、そこですかさずスカウトの手が回ります。
ですから、もしかしたら自分の場合にもヘッドハンティングされることがあるかもしれないという期待を胸にすることができます。
しかしながら、すべての人に声がかかるわけではありません。
では、そのようにヘッドハンティングを受けて転職する人たちとはどのような人たちなのでしょうか。
まず一つ言えるのは、専門職で慢性的に人材が不足している業界です。
その代表的な例が医師かもしれません。
医師であれば、今の病院よりも良い待遇で迎え入れてくれる先があるかもしれません。
場合によっては大学病院や大病院からだけではなく、製薬会社などからスカウトされることもあります。
しかしながら、特殊な国家資格や難関資格を取得していなければヘッドハンティングされないというわけではありません。
ある場合には、その人が一芸に秀でていれば、やはりヘッドハンターの目に留まります。
つまり、だれでもできるようなことではなく、その人にしかできないとなると、喉から手が出るほど欲しくなるでしょう。
もちろん引き抜きされるために働き続けるというわけではないとしても、せっかく働くのであれば、少しでも他人との差別化を図れるような仕方でしておくと良いかもしれません。

Copyright (C)2014転職はじめました。.All rights reserved.